フードプロセッサー master chopper

フードプロセッサー master chopper

製品本体をご購入した店舗へお問合せください
お買い上げ店がご不明の場合には、お問合せフォームからお問い合わせください

  • 本体
  • ワークボール
  • ワークボール蓋
  • カッター
  • 投入蓋
  • 洗浄ブラシ
  • スパチュラ
  • 取扱説明書
  • ユーザー用紙

  • 本体
  • ワークボール
  • ワークボール蓋
  • カッター
  • 投入蓋
  • 洗浄ブラシ
  • スパチュラ
  • 取扱説明書
  • ユーザー用紙
  • 小プッシャー
  • プッシャー
  • プッシャーガイド
  • M用ワークボール蓋
  • プレート軸
  • スライス刃 1mm
    ※スライス刃 2mmは別売
  • おろし刃
  • 千切り刃

    • 多機能タイプ セット方法

    • 多機能タイプ セット方法

  •  

ご利用いただけます。
適正濃度と殺菌時間を厳守してください。

使用後は速やかに流水でよくすすぎ、 すぐに水気を 拭き取って完全に乾燥してください。

100℃です。
※80℃以上の調理物を投入する場合は攪拌時の温度上昇を含め100℃以内でご使用ください。
※火傷にご注意下さい

ご利用いただけます。
消毒保管庫を利用される場合は100℃以下に設定し、
各部品を吹き出し部付近や直接金属に触れる置き方はしないよう入れてください。変色、変形の原因になります。

ご利用いただけます。
洗浄時に温水を使う場合は必ず80℃以下でご使用ください

  • 硬いもの:カッターの刃が欠ける恐れがあります。
    例)氷、冷凍された食材(肉、野菜、果物)、コーヒー豆、乾燥した豆類、骨を含んだもの、
    皮の固い野菜や果物、硬い乾物類(煮干し、昆布)、香辛料
  • 生ゴマ
  • すじ肉

樹脂部品は調理物の色素が付着して変色します 使用上の問題はございません
使用後はお早めにお手入れすると比較的変色が軽減します

  • カッター内側に調理物が詰まっていませんか?
    ▶ 調理物とワークボールの摩擦で回転が停止することがあります。
    詰まっている調理物をきれいに取り除いてください
  • 本体の電流ブレーカー(過負荷装置)が作動している可能性があります
    ▶ 本体裏側の電流ブレーカー(過負荷装置)を解除してください
  • 上記に該当しない場合
    ▶ お買い上げ店へ連絡してください
      ※お買い上げ店がご不明の場合は、お問合せフォームからお問い合わせください

  • 電源プラグが抜けていませんか?
    ▶ コンセントを確かめてください
  • 停電ではありませんか?
    ▶ 通電するまでお待ちください
  • ワークボール、ワークボール蓋、プッシャーガイドが正しく取り付けられていますか?
    ▶ 取り扱い説明書に従って正しくセットしてください
  • ワークボール、ワークボール蓋、プッシャーガイドが変形していませんか?
    ▶ 変形によって安全装置が正常に働いていない可能性があります。ワークボール蓋、プッシャーガイドを交換してください。
  • 上記に該当いない場合
    ▶ 操作スイッチが故障している可能性があります。お買い上げ店へ連絡してください
      ※お買い上げ店がご不明の場合は、お問合せフォームからお問い合わせください

  • カッター内側に調理物が詰まっていませんか?
    ▶ 調理物とワークボールの摩擦で回転できないことがあります。詰まっている調理物を切れに取り除いてください。
  • モータ保護装置が作動している可能性があります
    ▶ 本体裏側の電流ブレーカー(過負荷装置)を解除してください
  • 上記に該当いない場合
    ▶ お買い上げ店へ連絡してください
      ※お買い上げ店がご不明の場合は、お問合せフォームからお問い合わせください

操作スイッチが故障している可能性があります
▶ お買い上げ店へ連絡してください

  • 調理物が調理量を超えて入っていませんか?
    ▶ 調理の仕方に従い、調理物の容量を減らし運転させてください
  • ワークボール、ワークボール蓋にヒビ、割れ、変形がありませんか?
    ▶ ヒビ、割れ、変形のないワークボール蓋と交換してください

  • 丈夫なところに設置していますか
    ▶ 硬くて安定した場所に設置してください
  • 本体ががたついていませんか
    ▶ 平らで水平な場所にに設置してください
  • 機器に何か触れていませんか
    ▶ 接触しているものを取り除いてください
  • 各部品が正しくセットされていますか
    ▶ 取扱説明書に従って正しくセットしてください
  • カッターまたはプレート刃にヒビ、割れ、曲がり等がありませんか?
    ▶ カッターまたはプレート刃を交換してください
  • カッターまたはプレート軸は奥まで差し込まれていますか
    ▶ カッターまたはプレート軸を奥まで差し込んで再度運転してください

  • 調理物の粘度が高すぎませんか
    ▶ 調理物を減らすか水分を足してから再度運転してください
  • 調理物の量が多すぎませんか
    ▶ 調理物を減らしてから再度運転してください
  • 調理物が大きすぎませんか
    ▶ 調理物を小さく切り直して再度運転してください
  • 調理物が容器内でかたよっていませんか
    ▶ スパチュラ、ヘラなどで調理物を均一にしてから再度運転してください
  • 上記に該当いない場合
    ▶ お買い上げ店へ連絡してください
      ※お買い上げ店がご不明の場合は、お問合せフォームからお問い合わせください

漏電している可能性があります お買い上げ店へ連絡してください
使用を続けていると感電や火災の原因となります